読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「XP祭り2016」参加メモ

2年ぶりにXP祭りに参加してきました。
雨の中、多くの方が参加されてましたね。
最近、社内勉強会とか、仲間で何かを始めることに取り組んでいるので
その辺りの話題がありそうなセッションを中心に参加してきました。

XP祭り2016:俺たちの新人教育!!(伊藤 浩一さん、小林 純一さん)

www.slideshare.net

  • @koic ゆとり大事、次に進める
  • @junk0612
  • 先輩氏と新人氏の発表を社長が聞いて、社長がブログを書く。ってところが興味深い会社さんですね。

受け入れ準備

独習カリキュラム

着席準備

  • RailsチュートリアルSQLドリル
  • やり切るというよりは、派生する知識を学んで欲しい
  • Ruby認定試験
  • 永和マネジメントさんは、読書会を業務時間外にできてる。社内の勉強会が多くてびっくりした。
  • ググり力、英語文献大事だとおもった。

現場開始

  • お手本コード/コードリーディングをお願いした
    • 6人くらいで2年開発したプロダクトなのでそれなりの規模。どこから読んだら良いかもわからない。
  • 熟練の先輩がつく/Kataを盗む
  • 見積もりへの参加
    • 見積もり時は、設計を踏まえている。pull requestで設計が変わっていることがわかると遅い。
  • Pull Requestレビュー
    • リーダブルコードになるために100個のコメント

これから

  • 顧客との対話から運用まで
  • コミュニティと繋がる
  • OSSに関わっていく
  • 大舞台に登壇するだけのネタづくり

社長さんのブログ

https://anagileway.wordpress.com/2016/09/24/xp-festival-2016/

普通のチームメンバーがリーダーになってやったこと(三浦 伸明さん)

speakerdeck.com

エンジニアの皆さん、プロダクトマネージャーへの道はいかがですか?(横道 稔さん)

speakerdeck.com

自ら学ぶ力をチームに取り入れるワークショップ (川鯉 光起さん、高柳 謙さん、新井 剛さん)

  • いろいろみんなの悩みが聞けたり、自分の悩みを話したり
    ピンポイントで当てはまりそうな解決策は見出せなかったけど
    この本に何かヒントがありそうなので読んでみようと思います。
  • https://www.amazon.co.jp/dp/4595314647